夫が離婚に同意しないので、別居し、協議を開始。8か月後に離婚が成立した事案【大阪梅田】

依頼者:妻・30代(契約社員)

相手方:夫・30代(会社員)

結婚歴:7年

別居の有無:なし

子ども:2人(7歳・4歳)

主な争点:離婚・財産分与

手続:協議

解決までの期間:8か月

相談に来たきっかけ

夫に離婚を切り出したが同意してくれないため、どうしたら離婚できるかを弁護士に相談することにした。

事案の概要

性格の不一致から妻が離婚を考えるようになり、夫に申し出たところ拒否されたため、弁護士のアドバイスに従って、子どもを連れて別居。弁護士が代理人となり、夫に対して婚姻費用を請求するとともに、離婚協議を開始。当初は離婚に同意していなかった夫も、妻と子どもが家を出たことで離婚に前向きになり、財産分与と養育費について協議を重ね、別居から8か月目に離婚が成立。

解決内容

財産分与の協議が長引いたが、妻が夫から相当額の財産の分与を受ける内容で成立。学資保険は子どものために財産分与の対象としない等、互いに譲歩して納得のいく財産分与ができた。

 

解決のポイント

配偶者の一方が離婚に同意しない場合、不貞行為や暴力等の「離婚原因」がないと離婚することができません。本件では「離婚原因」がなかったため、まずは別居することを勧めました。

別居開始と同時に夫に対して婚姻費用を請求。子どもや妻と別居したことにより、夫も離婚を前向きに考えてくれるようになり、夫との間で離婚に向けた協議を開始することになりました。

「離婚原因」がない場合、まずは別居をすることがポイントです。

別居をすることによって、離婚に同意していなかった相手方が、離婚に向けた話し合いに応じるケースは多くあります。

本件の離婚協議では、主に財産分与が争点となりましたが、最終的には「子どものため」に互いに譲歩する等して、双方にとって納得のいく解決ができました。

30代の最新記事

年代別の最新記事

性格の不一致の最新記事

解決事例の最新記事

離婚の争点の最新記事

離婚の原因の最新記事

離婚を切り出したの最新記事

離婚請求の最新記事

預貯金の最新記事

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP