親権について

事務所写真親権とは、未成年の子どもの利益を守るための権利です。
結婚していれば、親権は父母の双方がもちますが、離婚する場合には、どちらか一方がもつかを決めなければなりません。

協議離婚の場合には、夫婦が話し合って、どちらが親権者になるかを自由に決めることができます。
一方、調停や裁判では、子どもの利益を守るのにどちらが適任であるかが重視されます。

【親権者が決定されるときに重視されるポイント】

(1)監護実績

子どもが置かれている環境を維持することが重視されるため、現時点で同居している親が有利になります。
監護していない親が親権者となる場合もありますが、非常に珍しいケースです。

(2)子どもの年齢・意思

子どもが10歳以下の場合は母親の意思が優先されるケースが多く、子どもが15歳以上の場合は子ども本人の意思が尊重されます。

(3)兄弟姉妹関係の尊重

血のつながった兄弟姉妹を離れさせるのは、子どもの人格形成に深刻な影響を及ぼすため、兄弟姉妹の関係は尊重されます。

(4)周囲の助け

本人だけでは十分は養育が困難な場合であっても、祖父母など親以外の親族が生活を助けてくれる環境があるかどうかも考慮されます。

(5)監護に向けた状況

経済状況、資産状況、居住環境、家庭環境などが判断材料になります。

(6)子どもに対する愛情

子どもに対して愛情があるか、子育てに意欲を持っているかなど、親の精神状態も考慮されます。もっとも、親権を争う場合には、双方に愛情も意思も強いので、これらが決定的な差になることはあまりありません。

 

親権の問題は、当事者同士では感情的になってしまい、話が進まないこともあります。
ぜひ離婚専門の当事務所にご相談ください。

 

>>親権についての解決事例はこちら

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP