戸籍と姓

事務所写真結婚すると姓が変わるように、離婚したら姓が変わると思っていらっしゃる方は多いのではないのでしょうか。

離婚後の戸籍や姓は、3つの決め方があります。

離婚後の戸籍と姓

① 結婚前の戸籍と姓に戻る
② 結婚前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした新たな戸籍を作る
③ 離婚後も、婚姻中の姓を名乗り、自分を戸籍筆頭者とした新たな戸籍を作る

結婚のときに姓を変えた場合は、離婚の際に何も手続をしなければ、上記①となり、結婚前の姓に戻り、結婚前の戸籍に戻ります。
結婚前の姓に戻るけれども、自分を筆頭者とする新しい戸籍を作りたい場合(上記②)は、離婚届を提出するときに、同時に申し出をする必要があります。
離婚後も、婚姻中の姓を名乗りたい場合は、離婚が成立してから3ヶ月以内に届け出をすることになっています。3か月の期限を過ぎてしまうと、家庭裁判所に「氏の変更許可」を求める申し立て、許可してもらわなければ姓を変更することができませんので注意が必要です。
婚姻中の姓を名乗っていた時期が長く、職場などに浸透している場合や、姓を変更することによって子どもへ影響がある場合など、状況に応じて慎重に判断しましょう。

当事務所は、離婚に伴う金銭問題だけではなく、離婚後の生活における手続のサポートもさせていただいております。ぜひ当事務所にご相談ください。

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP