婚姻費用について

六法全書「別居を検討しているが、生活していけるかどうか不安」
「別居をしたが、今まで夫の収入で生活していたので、生活がとても大変」

といったご相談をよくいただきます。

結婚生活において必ずかかる生活費(日々の生活費のほか、医療費や交際費、子どもの養育費など)のことを「婚姻費用」といい、夫婦には、婚姻費用を分かち合う義務があります。
夫婦が結婚している限り、別居していたとしても、離婚の協議中、調停中、訴訟中であったとしても、お互いを扶養する義務を負い続けるのです。

別居している側に収入がない場合はもちろんのこと、相手より収入が少ない場合や、相手より収入は多いけれども子どもを引き取っている場合などは、相手に「婚姻費用」を請求することができます。

婚姻費用の金額は、家庭裁判所が参考にしている算定表が公表されていますので、それを目安に話し合いましょう。

家庭裁判所が参考にしている算定表
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/

相手が支払いに応じてくれない場合には、家庭裁判所に、婚姻費用の分担請求調停を申し立てることができます。
婚姻費用の支払いが認められるのは、多くの場合は「請求した時点」からです。別居を開始するときに話し合っておくか、相手が応じない場合は、別居後すぐに調停を申し立てたほうがよいでしょう。

きちんと婚姻費用をもらうためにも、弁護士に相談することをおすすめします。

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP