離婚と年金の問題

イメージ1年金の問題は熟年離婚でよく問題とされます。

国民年金は、将来的に同額の老齢年金が給付されるので、離婚の際に問題になることはありません。}
問題は、会社員や公務員が加入する厚生年金です。
厚生年金を受け取ることができるのは、被保険者のみです。
夫が働いて、妻は専業主婦といった場合、妻が受け取ることができる厚生年金はごくわずかになってしまう場合が少なくありません。

夫婦で老後を迎えた場合には、いっしょに年金を使えるのでよいのですが、離婚すると生活が別々いなるので、年金の受給額の差は大きな問題です。

妻が専業主婦だった場合、夫の厚生年金の保険納付実績を、最大2分の1まで(分割割合は話し合いによって決めますが、2分の1とする例が多いです)分割することができます。これを合意分割といいます。
平成20年4月1日以降に納めた保険料については、夫婦の合意なく、自動的に2分の1に分割されます(3号分割制度)。

年金の問題は、老後の生活設計に大きな影響を与える重要な事柄ですので、損をしないように、離婚専門の当事務所にぜひご相談ください。

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP