熟年離婚

事務所写真厚生省労働省のデータによると、平成2年に約2万件だった中高年(50歳以上)の年間離婚件数は、平成12年までの10年間で約2.5倍の5万7000件に急増し、平成22年には約6万2000件まで増えました。

中高年の離婚件数が増加をした背景には、大きく二つの要因があります。

1.団塊の世代が中高年をむかえたこと

高度経済成長期に結婚をした世代(いわゆる“団塊の世代”)が、中高年になり、子どもの成人や夫の退職を機に離婚をするというケースが多く見られます。

特に女性にとっては、結婚当時は、男女の社会的な役割分担が明確にされていて、夫に尽くすのが当たり前という環境だったために、長年我慢を強いられてきたという事情があります。そのような長年の不満が蓄積し、離婚に至るケースが多く見られます。

2.年金制度の改正

中高年の離婚件数が増加した原因として、平成19年の年金分割制度の改正があります。
従来は、専業主婦として夫にどれだけ尽くしてきても、受け取ることのできる年金額は夫よりも少ない、ということがありました。
これが平成19年の法改正によって、婚姻中に夫が支払った厚生年金を分割して受給できることになりました。

熟年離婚のポイント

50歳以上の夫婦が離婚をする際に、最も重要となるのが、離婚後の生活をどうするかということです。
中高年の場合、子どもは成人しているケースが多いので、親権や養育費ではなく、財産分与が重要な争点となります。
財産分与のなかでも、年金分割や不動産・預貯金のほかに、退職金の問題も重要です。退職金を分与してもらえるかどうかはケースによって異なり、数年後に退職することが明らかな場合には、もらえるであろう退職金額から計算して分与してもらう金額を合意しておくことができます。

熟年離婚の場合の財産分与は、老後の生活がかかっており、とても重要な問題ですので、離婚問題に精通している弁護士に相談することをおすすめします。財産の調査だけでなく、話し合いで離婚を成立させられる場合には、離婚協議書の作成もいたしますし、財産分与にともなって不動産の登記名義の変更が必要な場合には、提携している司法書士をご紹介いたします。

当事務所は、女性の方からの初回の相談を、1時間まで無料(男性の方からのご相談は30分5000円(税別))で、じっくりとお伺いしておりますので、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP