弁護士費用

※料金は全て税別となっております。

 

相談料

初回相談料 30分無料

※ご相談の内容により、無料相談を1時間まで延長することがあります

離婚や不倫などの男女トラブルのご相談など

 

協議サポート

弁護士を代理人とせずに、自分で相手方と離婚の交渉をしたいけれども、その都度、弁護士に相談しながら進めたい方をサポートするプランです。離婚協議書の作成を含みます。

・10万円

※協議書を公正証書にする場合は15万円(実費は別)

 

離婚協議代理プラン

弁護士を代理人として、相手方との離婚や離婚の条件について交渉したい方のためのプランです。相手方との交渉はすべて弁護士が行います。離婚協議書の作成を含みます。

・着手金30万円+報酬金(30万円+経済的利益の10%)

※親権について争いがある場合

・着手金50万円+報酬金(50万円+経済的利益の15%)

※面会交流について争いがある場合

・着手金30万円+報酬金(40万円+経済的利益の15%)

 

離婚調停サポートプラン

弁護士を代理人とせずに、自分で離婚調停をしたいけれども、その都度、弁護士に相談しながら進めたい方をサポートするプランです。

・15万円/5か月

※1ヶ月延長するごとに3万円

 

離婚調停代理プラン

弁護士を代理人として、離婚調停を行いたい方のためのプランです。弁護士が調停に必要なすべての活動を行います。

・着手金30万円+報酬金(30万円+経済的利益の15%) (実費は別)

・出廷日当:2万円/回

※なお、離婚協議代理プランから引き続き受任する場合には、協議の報酬金は発生しません。

 

 

離婚訴訟代理プラン

弁護士を代理人として、離婚訴訟を提起したい方のためのプランです。弁護士が訴訟に必要なすべての活動を行います。

・着手金40万円+報酬金(40万円+経済的利益の15%)

・出廷日当:2万円/回

※なお、離婚調停代理プランから引き続き受任する場合には、調停の報酬金は発生しませんが、着手金が10
 万円追加となります。

※親権について争いがある場合

・着手金60万円+報酬金(60万円+経済的利益の15%) 

・出廷日当:2万円/回

 

慰謝料請求交渉+調停

弁護士を代理人として、相手方の不倫相手に慰謝料を請求する場合や、請求された場合の対応をいたします。交渉で話し合いがつかない場合は、簡易裁判所に調停を申し立てることがあります。

・着手金20万円

・報酬20万円+経済的利益の15%

 

慰謝料請求訴訟

弁護士を代理人として、相手方の不倫相手に慰謝料を請求する訴訟を提起する場合や、訴訟を提起された場合の対応をいたします。

・着手金30万円

・報酬20万円+経済的利益の15%

・出廷日当:2万円/1回

※なお、交渉+調停プランから引き続き受任する場合には、調停+調停の報酬金は発生しませんが、着手金
 が10万円追加となります。

クレジットカードでのお支払について

クレジットカード払いにも対応しております。ご利用いただけるカードは下記の3種類です。

・VISA
・マスターカード
・アメリカンエクスプレス

 


当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP