協議離婚

イメージ1「離婚を考えている」
「夫婦で話し合ってもなかなか結論が出ない」
「離婚したいけど、具体的に何を話し合えばよいのかわからない」

など、離婚に向けて夫婦で話し合いをするものの、何から話し合えばよいかわからず、いつまでも結論が出ないというケースがよく見受けられます。
また、離婚は世間一般的にネガティブに捉えられることが多いため、「ママ友に知られたくない」「親戚に知られたくない」「会社の同僚に知られたくない」と思われる方が多いのではないでしょうか。

離婚問題は、協議離婚(夫婦の話し合いで解決する離婚)→調停離婚(家庭裁判所の調停による離婚)→裁判離婚(裁判による離婚)の順序で進んでいきます。
協議離婚は、「夫婦の話し合いで解決する離婚」ですから、夫婦の合意さえあれば、離婚ができます。
実際に日本では、離婚の90%以上がこの協議離婚の方法で行われています。

「夫婦の話し合いなら、弁護士に頼まなくてもできる」と思われるかもしれません。
たしかに。、弁護士が介入しなくても、スムーズに離婚の話し合いができる場合もあります。
しかし、早く離婚したい気持ちが先行したり、法律の知識がないために、離婚後に、養育費や慰謝料、財産分与などの金銭面のトラブルが出てきてしまうことがあります。

離婚の話し合いの段階において弁護士が介入するメリットとしては
・不利な離婚条件を受け入れなくて済む
・離婚協議書を作成することによって、後々のトラブルを防止することができる
・なかなか先に進まなかった夫婦の話し合いを打開することができる
という点があげられます。

そして何よりも、夫婦で話し合う必要がなく、弁護士が代理人となって相手方と話し合いを進めることができることです。

弁護士が介入しても話し合いで解決することができない場合は、調停、裁判と進むことになりますが、そうであっても、早い段階から弁護士に相談することによって、早期解決や納得のできる解決の可能性が高まります。

当事務所は、協議(話し合い)によって離婚を成立させた実績が豊富にあります。
ぜひお早目に当事務所にご相談ください。


当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP