妻が浮気しているかもしれない

代表 弁護士 亀石倫子2妻が浮気しているかもしれないと思ったあなた。
「裏切られた!」「許せない」「誰のために毎日仕事頑張っていると思っているんだ!」と怒りがこみ上げてきているかもしれません。
でも、もしかするとあなたの勘違いということもあるかもしれません。
妻が浮気しているかもしれないと思ったら、まずは下記のチェックリストで、当てはまる点を確認してみてください。

妻の浮気 チェックリスト

  1. 仕事の帰りが遅くなってきた
  2. 以前よりも「飲み会だから帰りが遅くなる」という回数が増えた
  3. 残業が増えた
  4. 泊まりの出張が増えた
  5. 休日出勤が増えた
  6. (妻が専業主婦の場合)昼間、家に電話しても、留守または電話に出ないことが増えた
  7. (妻が専業主婦の場合)頻繁にスケジュールを確認してくるようになった
  8. 友達と食事に行ったり旅行に行ったりする回数が増えた
  9. 服装や髪型が以前と変わってきた
  10. 今まで着なかった下着を着るようになった
  11. 携帯電話を手離さない
  12. 携帯電話を見る回数が増えている
  13. 頻繁にメールやラインをしている
  14. メールやライン、電話の履歴を消している
  15. 会話が減った
  16. 香水が変わった(香水をつけるようになった)
  17. 帰宅後、すぐにお風呂に入るようになった
  18. 残業や出張に不満を言わなくなった
  19. 性行為を拒否するようになった

チェックリストに3つでも当てはまったら、妻は浮気をしている可能性があります。
特に、妻が浮気をしているとき、「性行為を拒否する」傾向があります。
「そんな気分じゃない」などと言って性行為を拒否するようでしたら、浮気を疑ってもよいかもしれません。

妻が浮気しているかもと思ったとき、つい「浮気しているだろう」と問い詰めたくなってしまうと思います。
しかし、問い詰めても「私が浮気している証拠はあるの?」と言われてしまったり、その後、証拠を隠されたり捨てられてしまったりと、浮気の証拠を集めるのが難しくなってしまう可能性があります。

妻に対して問い詰めたい気持ちはよくわかりますが、まずは冷静になって、証拠を集めることに徹しましょう。
証拠をつかめれば、この先離婚するのか、あるいは、離婚せずに浮気相手との交際をやめさせて慰謝料を請求するのかなど、どのような方針で進めていくかはあなたの手の中にあります。

【どのような証拠が必要か】

自分で集める場合、一番手軽なのが、携帯電話のメールやラインです。
浮気の証拠となるようなメールやラインのやりとりを、送受信した日時がわかるように写真に撮ったり、スクリーンショットして保存しておくことです。
浮気の証拠となるメールやラインとは、性交渉をうかがわせるものであればわかりやすいですが、たとえば、深夜に「今日も良かった」とか「次に会うのが楽しみ」「早く会いたい」というようなやりとりが複数あれば、情況証拠として有効となってきます。

妻の携帯電話を見ることのできる場合は、できるだけ多く写真を撮るなどして、証拠として使えるかどうかを弁護士にご相談ください。

ほかにも、妻が浮気相手とラブホテルに入っていく写真、出て行く写真というような、決定的な証拠を押さえるということもありますが、これを自分でされる方はあまりいらっしゃいません。
調査会社に依頼するケースがほとんどです。

【離婚や慰謝料を請求するには】

離婚や慰謝料請求をするには、相手が言い逃れできない決定的な証拠が必要です。
あなたが集めたものが決定的な証拠とはならない場合もありますし、調査会社が作成した報告書でも、浮気の決定的な証拠とはならないケースもあります。
浮気の決定的な証拠がなければ、交渉がまとまらなかったり、裁判を起こしても希望通りの結果にならないということになりかねません。

ですので、妻が浮気している可能性がある場合は、まず弁護士にご相談ください。
弁護士は、裁判になった場合を想定して、どのような証拠であれば裁判でも認められるかを見極め、対策を考えることができます。

浮気された場合の離婚や慰謝料請求を考えはじめたとき、経験豊富な弁護士に相談しておくことで気持ちが落ち着き、今後のことを冷静に考えたうえで行動できるようになります。
自分だけでは証拠を集めることができない場合には、浮気調査に強い調査会社をご紹介することもできます。

当事務所は、初めての相談は無料です。どうぞお気軽にご相談ください。
あなたのために、最適な方法をご提案します。

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP