プロスポーツ選手に特有の離婚問題

イメージ1夫がプロスポーツ選手である場合、離婚をするにあたって考えなければならない特有の問題があります。
プロスポーツ選手の平均年俸は、数百万円から数億円の人までいるといわれております。
当然、年俸が多い人ほど、慰謝料や財産分与などが高額化したり、財産分与が複雑化して紛争となったりする可能性があります。

特に気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

1.財産分与の割合

一般的な夫婦の離婚の場合、財産分与の割合は基本的には2分の1ずつですが、夫がプロスポーツ選手で高年俸の場合は、その割合が修正されることがあります。

例えば、医師の事案ですが、「夫が医者として病院を開業し、1969年当時の年収が1億円を超え、かつ1億円を超える資産を保有している事案で、2分の1を基準とすることは妥当性を欠く」として、妻に2000万円の財産分与しか認めなかった裁判例があります(福岡高裁昭和44年12月24日判決)。

2.契約金

プロスポーツ選手に支払われる契約金は、それが独身のときに支払われたものであれば、選手の固有資産と判断され、離婚の際の財産分与の対象にはならないと考えられます。

3.その他の財産

プロスポーツ選手は、輸入車などの高級車を所有している場合がありますし、高価な家具や食器、高価な宝石などを所有している場合もあるでしょう。これらの物についても、財産分与の対象となる可能性があります。

 

このように、夫がプロスポーツ選手である場合、離婚にあたって考えなければならない特有の問題があります。
知らずに不利な条件で離婚することがないように、ぜひ離婚問題を専門とする当事務所にご相談ください。


当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP