ダブル不倫など夫婦の双方に離婚原因がある場合

相談表離婚における「慰謝料」は、不法行為(浮気・不倫などの不貞行為、暴力など)を行なった方に対して、精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償を請求するものです。

しかし、ダブル不倫などのように、夫婦の双方に離婚原因がある場合には、他方に対して慰謝料を請求することにあまり意味がありません。

夫が妻に慰謝料を請求し、妻が夫に慰謝料を請求することはできますが、結果的に離婚をしないのであれば、家計単位で見ると差し引き0円となるため、慰謝料請求にかける時間と労力が無駄になってしまいます。

このようなケースでは、夫側も妻側も慰謝料請求を放棄するかたちで解決を図ることも可能です。

ただ、配偶者があなたの不貞行為について知らない場合については、よく考えなければなりません。
自分の不貞行為について配偶者に知られないようにするのか、それとも、配偶者に請求する慰謝料の金額を減らすのか、方針が変わるからです。

この方針の決定については、慰謝料請求の専門家である弁護士にまずはご相談ください。

もし、ダブル不倫などのように夫婦双方に離婚原因がある場合で悩まれているようでしたら、まずは弁護士にご相談されることをお勧めします。

当事務所の解決事例

法律相談のご予約はお電話で 06-6375-7003
PAGE TOP